ピアニスト 西村和晃 プロフィール

 1961年 川崎市に生まれる。

ピアノを5才から習い始め、田中すみこ、安井暁子らに師事。
特に英才教育を受けたわけではなかった。
13才の時、バックハウスとベーム共演のベートーベンのピアノ協奏曲第4番に深い感銘を受け、
そのころからピアノに憧れを抱き、頭角を現すようになった。
特に大学生になってからは独学で腕を磨き、レパートリーを拡大していった。
レパートリーの中心はショパンやベートーベンである。
良い演奏をするためには、ピアノ音楽の生まれた郷土ヨーロッパの雰囲気を知る必要があると感じ、
何度か渡欧。特にショパンの母国、ポーランドには数多く訪れている。
彼の演奏の特徴はなんといっても、技術はさることながら、激しい大胆さを持つ半面、
微音のニュアンスを駆使した音色の美しさであり、そのバランスが実に素晴らしく、類稀な演奏をすることで知られる。
鋭い音と柔らかい音とのコントロールは見事というほかない。
好きなピアニストはリヒテル、尊敬しているのはルービンシュタイン、興味あるのはポゴレリッチ。
現在は、役者としても活躍中で、最近ではテレビ朝日の人気刑事ドラマ『相棒』の中の所轄の刑事役を務めている。
趣味は、ゴルフ、カラオケ、蝶採集、天文など。
ピアノ講師の資格を持ち、現在は、音楽療法士 M.T(Music Therapist)としても活動の場を広げている。

これまでのリサイタル記録とこれからのリサイタル情報を知りたい方は、 をクリックしてね。 





PIANIST - Mr. KAZUAKI BIG NISHIMURA.
The Official Web Page.